カウンセリング

視力を保ち続ける為にレーシック

その存在を知って以来、自分なりに色々な情報収集に勤しみ、時に不安や恐怖感に悩みつつ、勇気を振り絞って施術先の扉を開いたところからスタートした、レーシックによる視力回復ゲット計画が功を奏し、念願の十分な裸眼視力を取り戻す事が出来ました。
日々不便を感じ続けたメガネも、今後はお洒落目的のサングラスを自由に選択出来ますし、失くしては大変と常に神経を遣い続けたコンタクトレンズの保管の手間暇ともお別れです。

ですが担当医からはレーシックで取り戻せた視力は、必ずしも半永久的に維持出来るとは限らないとの忠告を受けています。
それでも日々肉眼で難無く確かめる事が出来る鮮やかな世界と風景が、そんな注意をついつい忘れさせてしまう事でしょう。
施術直後こそ、その「見え過ぎる世界」に戸惑いを覚えた事すら忘れてしまう程、視力矯正不要な毎日が自身にとって「当たり前」となって久しい頃に生じる油断こそが、せっかくの十分な視力を気づかぬうちに、再度少しずつ低下させてしまう負のリスクを招き始めるのです。

不十分な照明の下での長時間の読書、パソコンやスマホなどを凝視し続ける毎日、食生活の乱れ、無意識に目を擦ってしまう習慣など、かつて自身が無意識に重ねて来た自身の目に対する「誤った行為」に対しては、レーシックは無力であるばかりか、むしろ施術前よりも眼球の耐久性自体は弱まっている事をしっかり認識しておくべきなのです。
元来の眼球の表面をレーザーで開いて視力矯正パーツを挟み込んで閉じている以上、その作業工程が目の耐久性を弱体化させる事と引き換えに裸眼視力を手に入れている事は歴然とした事実なのです。
更に私達は加齢という、避けられない身体能力の劣化を伴う変化の中を生きています。
レーシック施術後も私達の眼球は少しずつその能力と形状を変化させ続けます。
施術時にベストな視力回復を叶える状態に整えた眼球も、自然に劣化してしまう現実から逃れる事は出来ません。
予期ゼぬ病気が視力に間接的な悪影響を届け兼ねないとも限りません。

レーシックは安全かつ極めて高いその効能http://nudeplus.jp/12.htmlで、今日視力回復施術の最先端の施術法として広く周知されています。
ですがあくまで刻一刻と変化を見せる私達の身体に施す施術である事を忘れず、術後も視力を保つ意識を持ち続ける事が不可欠なのです。


Copyright(C) 2013 大切な目の健康を維持するために All Rights Reserved.