カウンセリング

レーシックで2度目の施術が出来ない場合

レーシック施術後、何らかの原因で再度視力が低下してしまった場合、多くの方々が再度のレーシック施術を検討希望されるかと思います。
ですが厳しい現実として、必ずしもすべての人達が再手術が可能だとは限りません。
「前回は施術可能だったのに、どうして今回はダメなのか」と不思議不満に思われる事は十分理解出来ますが、これには医学的見地からの明確な理由が存在しているのです。

レーシック施術とは、眼球前面の角膜を特殊なレーザーで薄く切開し、いわばコンタクトレンズ的な矯正パーツを挟み込で蓋をする、コンマ数ミリ単位の非常に繊細な作業です。
当然眼球や角膜の形状には個人差が有り、この作業に十分足り得るだけの角膜の厚みが無い場合、レーシックを受ける事が数値的に不可能となります。
同時に1度この作業を施した角膜は当然、元来の眼球表面と比較して著しくその厚みを失っており、例え時間の経過と共に完全に切開部分が装着治癒していたとしても、その強度面は確実に弱まっています

眼球に限らず、手元の身近な物体を例えに思い浮かべて頂ければお分かり頂ける通り、1度切開して閉じた箇所に再度同じ作業を加えれば、美観面と強度双方は著しく劣化して当然です。
まして眼球という光を捉え風景を見る神経細胞の塊がその箇所となる以上、レーシックの複数回施術はむしろ「控えて当然」という結論が自然と導き出されます。

レーシックを通じて念願の十分な視力を取り戻せた事で、再び視力低下の可能性が存在する事を医師から告げられていたにも関わらず、中には嬉しさと安堵感からその事を忘れてしまい、結果再度の視力低下に繋がるライフスタイルを無意識に継続してしまう人がおられるのもまた、残念な現実です。
再手術不可の診断に納得出来ず、他のレーシック実施機関を次々とノックされる方も見られますが、医師は患者の健康面の安全を当然最優先します。
1度角膜の厚さや強度面の不安を理由に「再施術不可」と診断された場合、他の機関でもそれを覆す事は出来ないと知っておきましょう。


Copyright(C) 2013 大切な目の健康を維持するために All Rights Reserved.