カウンセリング

レーシックで確実に視力回復出来る?

最先端の視力矯正施術として圧倒的な注目度と実績を誇るレーシックの大きな特徴として、術前の検査の時点で回復可能な視力が確実に想定出来る点が挙げられます。
例えば裸眼視力が0.1の患者に対し、施術で1.0までの回復が望める事が確認出来、それが実現する訳ですから、日々新たに施術を希望する人が右肩上がりで増え続けている現状にも納得です。
メガネやコンタクトレンズを選択する際には、実際に装着した上で視力測定を繰り返す中、ベストマッチなレンズ形状を選択するのが今日も一般的な流れですが、レーシックの技術と理論を用いれば、術前に術後の患者の視力の回復度合を見定める事が出来るのです。
医師とのカウンセリングを通じ、敢えて抑え目の視力設定とする事も、あるいは必要に応じて可能な限りの視力回復を希望する事も出来るのです。

但しあくまで人体の中でも極めて繊細な部位である眼球への施術であり、私達の視力は眼球単体のコンディションのみならず、全身の体調が複雑に影響する事は皆さんご存知の通りです。
レーシックを受ける事によって眼球の状態はベストに調整出来ていたとしても、他の病気を患っていたり、術後のライフスタイルがひ健康的であったりした場合、元来レーシックで得られるはずの十分な視力回復効果を実感出来ない可能性が否定出来ません。

レーシックは眼球の状態をメガネやコンタクトを必要としない、いわば元来の形状に美調整する施術です。
裸眼視力が優れた人でも疲れ目や霞み目に悩んでおられる方が数え切れないように、術後も目の状態に常に気を配るライフスタイルを心掛けるべきなのです。
実際にレーシック施術後に視力低下に繋がる生活習慣を継続してしまったが故に、再度の視力低下を招いてしまった事例も少なくありません。
基本的には「確実に視力回復が望めます」と明言出来るレベルの理論と実績を誇るレーシックですが、その後取り戻した視力を維持するのはやはり、患者各自の責任だと言えるのです。

Copyright(C) 2013 大切な目の健康を維持するために All Rights Reserved.